スタッフブログ
2019/11/18
中学生の職業体験

娘の中学校で職業体験の授業がありました。

日頃弟に鍛えられている成果を披露しようと、保育園を第一志望にしていましたが、決まった先は楽器店。

どうやら保育園に希望者が殺到したようです。

娘は幼い頃からピアノを習っているので、楽器店でも楽しく学習出来るであろうとの、先生方の判断なのでしょう。

午前中は事務仕事のお手伝い、午後からはクラリネットやホルンなどの普段触る事のない楽器を吹かせてもらい、充実した時間を過ごしてきたようでした。

私の時代にはなかった職業体験。

中学生には働く事が今の自分とはかけ離れ過ぎていて、社会に出るという事がどういう事なのか実感出来ていない子が大半だと思います。

しかし職業体験を通して、将来やりたい事へのヒントが見つかったり、それに合わせた進路意識が養われたら、とても有意義な行事だと思いました。

私はこの日久しぶりに娘のお弁当を作りました。

普段は2つ作っていますが、1つ増えただけでてんてこまい(^◇^;)

あと1年ちょっとで高校生になったら、こんなバタバタな朝が毎日続くのかと思うとゾッとしました。

子供の成長に合わせて、母のスキルも上げていかねばなりません(~_~;)

by    本間