スタッフブログ
2021/11/15
モシュコフスキー「愛のワルツ」

土曜日、娘のピアノの発表会がありました。

去年の4月以来の舞台。これまで年に最低3回舞台に立っていた娘にとって、長いブランクを経ての復帰戦です。

今回はモシュコフスキーの「愛のワルツ」を弾きました。

私の中でモシュコフスキーは練習曲のイメージが強く、こんな素敵なワルツがある事を知りませんでした。

愛のワルツは出だしがとても印象的です。

一度聞いたら忘れない、美しい旋律から始まります。

優雅で情熱的な曲調に合わせて、じぃじが赤いドレスを買ってくれました。

じぃじが買ってくれたドレスで挑む発表会は、演奏が成功する確率が高いので、娘も心強かった事と思います(о´∀`о)

緊張のあまり息をするのも忘れてビデオを撮っていた私とは違い、娘は久しぶりに舞台に立てた喜びいっぱいに素敵な演奏を披露しました。

実は来年の1月、息子も初めてのピアノの発表会に挑戦します。

息子の場合、演奏以外の不安も大きいです。

舞台に上がる階段で躓くのではないかとか、お辞儀を忘れるんじゃないかとか…。

今度こそ本当に私の息が止まってしまうかもしれません(^◇^;)笑

by  本間